日々のこと

2013年2月 4日 (月)

東京に行ってきました

1月30日(水)から2月1日(金)まで
買付けで、東京に行ってきました。

130203

いつもAIRDOを使うので、羽田の第二ターミナルなのですが
このトンネルのような通路を通っている時に、いつも

「ただいま!」って気持ちになります。

学生時代の4年間と、会社員時代の10年間を過ごし
今の自分を形作っているものを、沢山もらったところ。

もう、我が家はくま夫さんやそらが待つ札幌なのだけど
やっぱり、自分にとって「帰る場所」のひとつなのです。

二泊三日という、駆け足の滞在ではあったけど
頭の中でグルグルする沢山のイメージと一緒に帰宅。
充分にパワーを充電することができました。

滞在中のできことなどは、また別の日記で。

Line

twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms


| | コメント (0)

2013年1月25日 (金)

一年経ちました

一年前の今日、親しい友人の一人が亡くなりました。

大切な仲間の一人でした。

入社後の研修期間が同じ配属先だったというだけでなく

皆で何台かの車に分乗して、泊りがけで海水浴やスキーに行き
夜遅くまでトランプして、雑魚寝して。。。と
沢山の楽しい思い出を分かち合った仲間でした。

私は札幌に移ったけど、東京に行けば
いつでも会える、と思っていた仲間が一人
もう会うことができなくなってしまったことに
一年経つけど、まだどこかなじめずにいます。

先週末、東京にいる仲間達は、彼のお墓参りに行ったそうです。

私は今日、楽しかった思い出なんかを思い返していました。

これからもきっと、ふとしたきっかけで
いたずらっ子のような彼の笑顔を思い出すのだと思います。

それでよいのだと思うのです。

1301251

twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

遅れて届く年賀状

今年も、つい先日
年賀状が1通届きました。

差出人は、会社員時代の元上司の方。

私の中で、初めての「上司」として記憶に残っている方です。

入社して半年ほど過ぎた頃から、この方の元で
仕事をすることになりました。

生真面目で、冗談などは苦手な方でした。

丁度、私と同じくらいの娘さんが二人いらしたせいでしょうか
時には母親のような視点で、接していただいたのを覚えています。

ところが

大きな仕事のヤマを越え、やっと取ったお休みでの旅先で

病に倒れてしまわれ、まだまだ教えて頂きたいことは
沢山あったのに、その方は会社を去られたのでした。

それからは、年賀状だけのつながりになりました。

「つながり」といっても、私からの一方通行のものだと思っていました。
右半身に麻痺が残り、お好きだった絵も描けなくなってしまったと
お聞きしていたから。

丁度、札幌に来る少し前くらいの頃だったでしょうか
成人式を過ぎて少し経った頃、年賀状が1通。

元上司の方からでした。

震える文字ですが、きちんと私の住所と名前
そしてご自身の住所と名前が書かれてありました。

それから毎年

成人式を過ぎて少し経った頃に届く
1通の年賀状を、心待ちにしているのです。

1301241

twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms

| | コメント (2)

2013年1月23日 (水)

すっかり、ご無沙汰していました

twitterfacebookの気軽さに、そちらばかり
マメにチェックしていて、こちらはちょっと放置状態でした。。。

もう、2013年が始まって大分経つのですが
今年は、も少しこちらもマメに更新しようと思ってます。
あ、アトリエ用のブログもですね(苦笑)

1301101

少し肩の力を抜いて。
ゆるりゆるりと。

Line


twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms 

| | コメント (0)

2011年12月31日 (土)

もうすぐ、今年が終わります

家族で楽しんだ大晦日の夕食も終わり、2階に上がってきました。

くま夫さんがチャンネルを「紅白歌合戦」に合わせました。

色々な形で、言葉で、大震災後の想いが語られている
例年のお祭りのような雰囲気とは、少し違った紅白。

いつもの年以上に
こうして家族と穏やかな気持ちで
一緒に過ごせることを感謝する大晦日です。

今年最後のブログにアップするのは
やっぱりそらの写真。

この写真のあと、不意打ちで今年最後の爪切りを
されたので、「いや~ん!」とすねて逃げていきました。。。

では、皆様よいお年を!

Sora1112311

twitterでも、制作のことなどつぶやいています。
Snow blossoms

| | コメント (0)

2011年10月19日 (水)

大勢で大歓声

父がラクビーをしている影響もあって
今開催中のラクビーW杯は、ずっとテレビで観ています。

残念ながら、日本代表は予選プールで敗退。

でも、「本命」として応援しているニュージーランドは
世界ランク1位、そしてW杯自国開催。

真っ黒のユニフォームから「All Blacks」の愛称で親しまれている
ニュージーランド代表。

試合前の儀式、HAKAは何度見ても身震いがします。

我が家はCSやBSの有料放送に加入していないので
ずっと、深夜の地上波の録画中継で観戦。

「面白そうだから、観ようかな~」なんて言ってた
くま夫さんですが、いつも開始前に寝てしまい。。。(-_-;)
結局、私独りで観てました。

オールブラックスは、世界ランク1位の実力どおり
順調に勝ち進んで、先週が準決勝。

相手は、Wallabiesの愛称で親しまれている
オーストラリア代表。

これは、録画中継を待っているなんて惜しい!
ぜひ、生中継を観戦したい!

そこで、前に一度行ったことがあるアイリッシュパブ
Brian Brew」で、観戦しようといことになったのでした。

せっかくの大勝負、ぜひとも良い席で観たい!ということで
お店に電話して、席を予約。

お店の方には「多分、大丈夫だと思うんですけど。。。
一応、予約しておきますね。」と、言われてしまい(^^ゞ

当日、お店に行ってみると。。。

すでに立ち見も出ているくらいの賑わいでした。
私達の席は、カウンター席でテレビのまん前。

私の前には、外国の方。

最初、「オーストラリアの方かなぁ。。。」と思って
ちょっとおとなしめに観戦していたのですが
ニュージーランドの方でした!

お子さんと奥様(日本の方)もご一緒。
あぁ、ニュージーランドでは国技だけあって
家族ぐるみで楽しむスポーツなんだなぁ。。。

試合は、オールブラックスの勝利!

トップクラスのチームの試合って
一つ一つのプレイが綺麗に決まるからなのか
観ていてわかりやすいんです。

もう、興奮しました~。
前の席のニュージーランドの方とは、ハイタッチ!

今度の日曜日、23日は決勝戦。相手はフランスです。

偶然なのだろうけど、決勝トーナメントから
南半球と北半球に分かれた形に。

だから、北半球のナンバー1がフランス。
南半球のナンバー1がオールブラックス。

この試合も、お店で観戦する予定。
今から、とっても楽しみです!

111019_3


twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms

| | コメント (0)

2011年10月13日 (木)

6歳になりました

10月11日は、私達の入籍記念日。
今年で、丸6年。人間でいうと、6歳。小学校に上がる年齢です。

6年前の10月9日に、文字通り片道キップを握り締めて、空港まで見送りに
来てくれた母と姉にさよならして、北海道に来たのでした。

くま夫さんには義母がいたから、夫婦の始まりでもあり、くま夫さん、義母、
私の3人家族の生活の始まりでもあったんだなぁ。。。

あれから、6年。

夫婦としての生活よりも、家族としての生活の方が、想像していたのより
ちょっと大変でした。

介護を必要とする義母と暮らすことは、飛び込んでみないと
わからなかったことが一杯。

でも、いつもくま夫さんが一緒で、彼がまず一番に私達夫婦のことを
考えてくれていたから、一歩一歩前に進んでこられたんだろうなぁ。。。って
思います。

一日早く、10日の祝日に義母がお祝いしてくれたので、ちょっとした
美味しいものとケーキで、こじんまりと自宅で3人でパーティしました。

夫婦2人でどこかに出かけてお祝い、というのではなく、
家族3人+1匹(そら)でお祝いというのが、我が家のスタイルとして
ピッタリ。

来年の記念日も、仲良く3人+1匹でお祝いできますように。

201110111

アトリエが入っている素敵な空間
space1-15のホームページができました。

出店しているショップの紹介や、各ショップからのお知らせ(ブログ)の
新着情報、イベントカレンダーなど、情報がいっぱい載ってます。

こちらも、どうぞ遊びに来てください。

URL: http://www.space1-15.com/

Line

twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms

| | コメント (0)

2011年9月 8日 (木)

ミセナカ書店

お店の方で「札幌ブックフェス2011」というイベントの一環で

「ミセナカ書店」というのに参加中です。

これは、書店に限らないさまざまなジャンルのお店が、それぞれ独自テーマに沿った本をセレクトして、展示や販売をするというもの。

このイベントへの参加のお話を頂いた時に、すぐに思い浮かんだのが「制作の時にヒントをもらったりしているもの」の展示でした。

そして、展示したのがこちら。

110902_1_2


大好きな絵本だったり、バレエなどの公演のパンフレットだったり、色々あるのですが、お店に来てくださるお客さまにも、時々興味深かそうにご覧いただいています。

少し、展示している本をご紹介しますね。

一番手に取って頂いている本がこちら。

110902_2

どんな本かというと、まるで生地の見本帳のように、フランスのヴィンテージの布の図案が掲載されている本。前書きが少しあるだけで、ほとんど文はありません。

こんな感じ。

110902_3_3


色使いとか、使われているモチーフなどが本当に素敵。ホントにヴィンテージなのかな?って思うくらい、斬新なデザインや色使いのものも沢山載っています。

何度見ても飽きることがない本です。

もう一つは、こちら。

110902_5


アンディ・ウォーホールが、ティファニーのために、クリスマスカードのデザインを手掛けていたことがあって、その図案集。

それまで、ウォーホールというと、マリリン・モンローなどの絵に代表されるような、ポップで前衛的な、ちょっととんがった作品を描く人というイメージが強かったのですが、この本に載っているイラストは、どれも線が柔らかい。あたたかな視線で描かれているのが伝わってくるものばかりです。特に、天使なんかの絵はとってもユーモラス。色がとっても鮮やかなのだけど、挑戦的な感じではなく、やさしく語りかける感じ。

110902_6


クリスマスの本なのだけど、クリスマス以外の時にも時折本棚から取り出しては眺め、色々と教えてもらっている本です。

そして、私の宝物。沢山のパンフレット。

110902_7


もう、細かい内容は忘れてしまって、心の中にあるのは色だったり音だったり会場の空気だったりと、公演全体から受けた印象だけになってしまったものもあるのですが、やはり自分の中ではとても大切な財産です。

煮詰まった時などにパンフレットを見ると、「この公演を観た時のように素直な気持ちで、美しいと思うものを探してみよう」という気持ちになります。

私の頭の中、心に残ってるすごく大切なもの。

そう思うと、ちょっと恥ずかしい気持ちもしますが。。。(^^ゞ

イベントの主催者の方には、とっても良い機会を与えて頂きました。本当にありがとうございました。

Line


twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms

| | コメント (0)

2011年8月22日 (月)

パブリックコメント

しばらく前から「ほぼ日」や、糸井重里さんのツイッターで取り上げられていたのですが

やっと先ほど「パブリックコメント」を提出できました。

「パブリックコメント」とは?

国(省庁)が広く国民から意見を求める機会です。

今回、「動物愛護管理法(動物愛護法)」が5年に一度の見直し期間に入っています。

それで、環境省が「パブリックコメント」を求めているのです。

最初、糸井さんのツイッターでこのことを目にした時、正直

「参加しなきゃ。。。でも、手続きとか面倒そう。。。」と思ってしまいました。

でも、すぐに「ほぼ日」が、わかりやすい解説付きで簡単に意見を提出できる

フォーマットのページを立ち上げてくださいました。

また、動物愛護団体などでも、独自に簡単なフォーマットなどを

ブログに立ち上げたりしているようです。

そらが我が家の一員となってくれて、私もくま夫さんも義母も

毎日あたたかな気持ちをそらからもらっています。

だからこそ。親としての責任として。

「パブリックコメント」の受付期間は8月27日(土)まで。

201010222315000


もし、関心がおありになるようだったら、ぜひ。

20110227_758422

twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms

| | コメント (0)

2011年6月30日 (木)

皇帝の愛したガラス

28日の火曜日に、北海道立近代美術館で開催中の「国立エルミタージュ美術館所蔵『皇帝の愛したガラス』~ヨーロッパからロシアへガラスの美500年~」を観てきました。

随分前から楽しみにしていた展覧会だったのですが、お店の方が「Pearls,Pearls,Pearls!」の会期中だったり、「小さなアクセサリー展Ⅱ」の準備だったりとバタバタしていて、滑り込みセーフでやっと観れたのです。

長い長い時を経ているのに、全くその美しさが損なわれていない、いいえ、むしろ年月がさらに奥深い美しさをプラスしているガラスの数々。

中でも一番好きだったのは、アールヌーボーのコーナー。

印象的だったのは、ドーム兄弟の「チューリップを描いた花器」。

花が完全に開いた姿が描かれているのです。一般的には見頃を過ぎてしまった状態だと思うのだけど、おおらかさというかあたたかさを感じる美しさがありました。

観にいけてよかったなぁ。綺麗なものを観ると気持ちが軽くなる。

近代美術館は、アトリエから歩いてほんの5分程で行ける距離にあります。

もっと観にいくようにしよう、そう思った午後でした。

1106301

twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms

| | コメント (0)

より以前の記事一覧