« 冬の音でした | トップページ | 江別やきもの市 »

2012年4月 7日 (土)

冬の石と春の石

週初めの大嵐が、冬を呼び戻してしまったようです。

アトリエからの帰り道、道路にはうっすらと雪が。
濡れていたはずの道路は、凍ってツルッツル。

早く、暖かくならないかなぁ。。。


*******************************


自分の中で、「冬の石」と「春の石」があります。

「冬の石」は、ガーネット。
「春の石」は、アクアマリン。

偶然ですが、誕生石でいっても
ガーネットが1月で、アクアマリンは3月ですね。

モザンビークガーネットなどのちょっと黒味がかった赤や
ロードライトガーネットのワインレッドは

冬の凍えるような寒さの中の方が
より色に深みがでるような気がします。

血の通ったあたたかさを感じる色。
黒やブラウンなどのどっしりとした色に溶け込みながらも
しっかりと存在感を示す色。

アクアマリンのブルーは

ぽかぽかと心地よい陽射しの中の方が
より透明感を増す気がするのです。

爽やかな空気を感じる色。
ホワイトやベージュなどの淡い色合いの
繊細なトーンをより際立たせてくれる色。

今、アトリエの作業机の上には
アクアマリンが散らばっています。
気をつけないと、あれもこれもアクアマリンを使った
作品になってしまいそうなくらい。

春よ、こいこい。

1204071



twitterでも、制作のことなどつぶやいています。
Snow blossoms

|

« 冬の音でした | トップページ | 江別やきもの市 »

制作のこと」カテゴリの記事

コメント

アクアマリンきれいですね。
この色はオメガトライブの曲を連想させます(古いですねw)
これからは若草色や桜色の透明感溢れる石も素敵だなと思います。

投稿: 奥町純一 | 2012年4月 7日 (土) 07時52分

>奥町さん

このアクアマリンは、上質の部類に入ると思います。
透明感のある「水色」が、名前にぴったりですよね。

オメガトライブ、わかりますよ~。
澄んだ声、という印象が確かにアクアマリンに通じるかも。。。

若草色だと、プレナイトって石も春夏に使いたくなる石です。
日本語名が「葡萄石」っていうんですよ。
結晶の形からの命名だそうですが、石の色自体も
瑞々しいマスカットのようなグリーンです。

桜色だと、やっぱりローズクォーツかなぁ。。。

家の外も、早くこんな柔らかな色があふれてほしいですね。

投稿: ゆきむし | 2012年4月 7日 (土) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の音でした | トップページ | 江別やきもの市 »