« 春を待つ | トップページ | 久々の休日 »

2011年3月14日 (月)

心から

2011年3月11日の午後2時過ぎ

お店で、お客さまとお話している時に、最初の揺れを感じました。

長い時間の揺れ。終わったと思っていたら、またしばらくして2回目、3回目。

短時間で、こんなに繰り返す揺れは初めてでした。

お客さまが帰られたあと、パソコンを覗いてみると

twitterのタイムラインに「宮城で大きな地震」との文字。

見る間に増えていくツイート。

「東京でも、かなり大きな揺れ」「大津波に警戒」。。。

信じ難い言葉が流れていくのを、呆然と見るしかありませんでした。

過酷な状況の下で、避難生活を送る人々がいる。

ベストを尽くして、救護や復旧活動にあたっている人々がいる。

私には、何ができるのか。

実際に災害に直面している方々に対して、義援金への寄付などの形で応援する、という、本当に外側のことしかできないかもしれない。

でも、それが今の自分にできること。

一人ひとりが自分のできること、すべきことをする。それが今一番求められているのだ。

心から願うのです。

被災された地域の皆さんの元に、一日も早くホッと肩の力を抜ける日が来ますように、と。

明けない夜はないのだから。

Line

twitterでも、制作のことなどつぶやいています。

Snow blossoms

|

« 春を待つ | トップページ | 久々の休日 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春を待つ | トップページ | 久々の休日 »