« 手作りのフェイスクリーム | トップページ | snow blossomsのロゴが新しくなります »

2010年2月 8日 (月)

慌しく1週間が過ぎました

1月の24日(日)から31日(日)まで、東京に行っていました。

一応、天然石ビーズやパーツなどの素材の買い付けがメインの目的ですが、学生時代からの友人に会ったり、お店めぐりをしたり。。。といった、夏と冬の2回、私の休暇の意味合いもある約1週間になっています。

帰ってきてから、気がつくともう1週間が過ぎてました。

snow blossomsのサイトのリニューアルだったり、個展の準備だったり、慌しく過ぎていって、東京滞在が、もうだいぶ前のことだったような気がします。

今回も、会いたいなぁ。。。と思っていた友人たちの大半に会うことができたし、色々な新しい素材もたくさん連れて帰ることができたし、充実した滞在でした。

連れて帰ってきた素材たちは、少しずつ作品にして登場してくると思います。

ずっとあたためていたアイディア、今度の個展には形にできそうです。

東京滞在では、運がよいというか、「あ!これ観たい!」と思う展覧会が必ず1つはあるんです。

今回も、そう。

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展」を観ることができました。

1001victorian1

前回の夏の滞在の時は「ルネ・ラリック展」を観れたのだし、ホントに運がよいです。

この時代ならではの優雅で繊細なデザインにため息の連続でした。

ゴールドのものや大振りの石を使ったものがやはり多いのですが、仰々しさというか威圧感を感じなくて、どこまでも優しく、女性らしさというかまるさを感じるデザイン。

カボションのつるっとしたカットのガーネットは、特に熟れた果実をイメージして使われていた、との説明書きがありました。

普段、自分もガーネットを使うときは、ベリーのような果実をイメージしていたので、何だか嬉しくて。

とっても好きだった作品の絵葉書を購入。

1001victorian2

シードパールのティアラと、ピンクトパーズのブローチ、そして「熟れた果実」のガーネットのセット。

たっぷり刺激を受けて帰ってくることができました。

いつも快く送り出してくれる、くま夫さんに感謝です。

さぁ、これからまた頑張るぞ~。

snow blossoms

|

« 手作りのフェイスクリーム | トップページ | snow blossomsのロゴが新しくなります »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手作りのフェイスクリーム | トップページ | snow blossomsのロゴが新しくなります »