« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

2009年もあと少し

階下では、くま夫さんと義母が「紅白歌合戦」を観ています。

年越し蕎麦を食べるので、早めにご飯をすませてしまい、今、小休止です。

年越しのお夕飯は、すき焼き。北海道ではすき焼きは「牛肉」ではなく「豚肉」が一般的というのは、こちらに来てから知ったこと。初体験でしたが、中々美味しかったですよ。

すき焼きのお供に日本酒を飲んだので、ホロ酔いの良い気分。

今年は合同展も含めると、計3回、札幌で展示会を開催することができました。

「季節ごとに、その季節に『使いたい』と思っていただけるような作品をお見せする」こと。自分の制作のペースとして頑張っていきたいな、と思った1年でした。

そして、自分の大きな目標にしていることが一つ、「夢物語」ではなく「近い将来に実現させたいこと」に変わった年になりました。

来年も頑張らないと!って、新たな元気がフツフツとわいてきます。

本年は、大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

m(__)m

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

年末の大掃除で、「本棚が欲しいね~」という話に。

思い立ったが吉日と、昨日買ってきて、日付が変わるくらいに組み立て終了。年越しで整理します(^^ゞ

「何ができるの?」って、興味津々のそら↓

Sora0912301

snow blossoms

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

クリスマスも終わり

まだ、少しクリスマス気分が残る週末ですね。

我が家のクリスマスはいつも23日がパーティです。

今年のオードブルは、刀削麺がとっても美味しい東区の中華屋さんの「運城飯店」さん(house札幌市東区北24条東15丁目1-1飯法師ビル1F)のもの。

0912232

やっぱり、クリスマスにはスパークリングワインは欠かせません。

お店にはホントに沢山の種類が並んでいたのだけど、いつも飲んでいる、おたるワインのナイアガラのスパークリングワインにしました。

瑞々しい葡萄の実そのままのあっさりした甘さに、炭酸の刺激が丁度良い感じでした。

0912233

今年のケーキは、住宅街にほっこりとある「Patisserie YOSHI」さん(house札幌市西区西野9条7丁目4-17)のケーキにしてみました。

0912234

可愛いサンタさん。

0912235

そして、楽しく飲んだり食べたりしたあとは。。。プレゼントを開く時間。

数日前から、クリスマスツリーの下には家族からのプレゼントの包みが置かれています。

「こんなの欲しいなぁ。。。」って、リクエストしているものではあるのだけど、やっぱり包みを開ける時は、ドキドキするのです。

両親から。

09122312

漆塗りのフリーカップ。「スープやサラダにいいかと思って」とあったけど、丁度我が家のお味噌汁のお椀は、ところどころハゲハゲ。

それは、私がこちらに来る時に3つ揃えて持ってきたもので、くま夫さんと義母と私の3人の生活をずっと見ていてくれた愛着のある品ではあるのだけど、そろそろお役ご免だなぁ。。。と思っていたところ。

新年からは、この新しいお椀だね。

姉夫婦から。

09122310

藍染の布を張ったような模様が素敵な小鉢。肉じゃがを盛るのに丁度良い大きさ。ほどよい具合に楕円になっているところが粋ですね。

もう一つ、姉夫婦から。

09122311

DEAN & DELUCAの箱から出てきたのは。。。

バルサミコのジャムと、トマトのビネガー。バルサミコのジャムは、チーズに合うそう。トマトのビネガーは、ドレッシングかなぁ。。。レシピ研究しないと。

そしてこの2つ、容器がとってもオシャレ。これは食べ終わった後もとっておかなくては。

私たち二人の。

0912239

お揃いのバングルです。函館にお店がある「tribal standard」さんの作品。

クリスマスプレゼントを買いに行ったデパートに、期間限定で出店されていて、ごくシンプルなのだけどどこか温かみを感じる作品に、二人のプレゼントとなったのでした。

ちょうど、作家さん本人がデモンストレーションで在店されていたので、バングルの裏にそれぞれの名前を彫っていただきました。こういう小さい「特別」って、嬉しいですよね。

シルバーなので、だんだんと黒ずんでいくのだけど、その色合いが変わっていくところが、二人の時間をうつしとっていってくれているようで。大切にしたいな。

クリスマスが終わると、もう2009年も残りわずかになってしまいました。

早いなぁ。。。

snow blossoms

| | コメント (2)

2009年12月22日 (火)

冬はリンゴ

数日前からの寒波で、一気に雪が積もりました。

雪を見ると億劫な気持ちになりますが、どこかに少~しだけ「やっぱり、こうでないと!」という気持ちも。ちょっと道民らしくなったかな。

毎月楽しみにしているエバさんのジャム

Coinさんでの今年最後のジャムは、リンゴのジャムとキウイのジャムでした。

アップルパイが大好きなので、迷わず「リンゴのジャム」を。

0912221

ふと思って以前の日記を見てみると、一番最初に買ったエバさんのジャムは「リンゴとソルダムのジャム」。確か雪が降っている頃だったはず。

そういえば、毎年くま夫さんの親戚からリンゴが送られてくるのだけど、今年もこの日曜日に届いたのでした。

冬はリンゴ。

今日は冬至なのだけど、くま夫さんがカボチャは嫌いなので、我が家はリンゴを頂くことにしようかな。

snow blossoms

| | コメント (0)

2009年12月10日 (木)

12月の色

12月の色というと、やっぱり赤。

街のウィンドウなどを見ても、赤を基調にしたディスプレイが目立ちます。

やっぱり、サンタクロースの服の色だからかな。

我が家の12月っぽい場所は、ここ。

0912093

ちょっとわかりにくいので、拡大して。。。

赤い実がほんのちょっと入っただけで、一気に冬らしいリース。白い実が雪玉のようにも見え。Losikaさんの作。

0912091 

繊細な刺繍が施されたくるみボタンと、木製のオーナメント。

0912092

もう少しアップ。

0912094

0912095

きらびやかなのは苦手なので、我が家のクリスマスはこんな感じにしたいなぁ。。。ほっこりとしたぬくもりを感じるものが好きなのです。

12月というと、欲しくなるものがキャンドル。

我が家にはそらがいるので、火を灯したりすることはあまりできないのだけど、やっぱりこの時期は、チラチラとゆらめく小さな炎を見たくなりますね。

先に紹介したくるみボタンのオーナメントと一緒に、Siesta Labo.さんで見つけたミツロウのキャンドル。

0912096

蜂の巣からミツロウを採取するところから、自身で出掛けている作家さんのものだそう。

そのせいか、甘いハチミツのような香りがとっても濃いのです。

「火を灯すと、段々とバラの輪郭だけを残して溶けていくので、レースのようで綺麗ですよ。ぜひ、火を灯してみてくださいね。」

そう言われたのだけど、こんなに可愛いキャンドル、火を灯すなんて勿体ないなぁ。。。

この週末には、家族へのクリスマスプレゼントや来年のカレンダーを買いに、くま夫さんと二人で出かけます。

何だかウキウキしてくるのです。

snow blossoms

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

根雪にはまだ早いみたいです

ここ数日、ぐっと冷え込んだ札幌です。

2~3日前は雪だったのですが、まだ湿った重い雪で「これはすぐに融けるね~」なんて言ってたんですが、翌日の朝にはカチンカチンに凍って残ってました。

昨日は一日お出かけだったのですが、お店などに入ると店員の方とのお話の始まりは「寒いですね~」からで、家を出る時にカチカチに凍っていた玄関先に残った雪は、帰宅した時にもそのままでした。

「これは、根雪になるかな。。。」なんて思っていたけど、今、外は雨。強い風も吹いて大荒れのお天気。

天気は最悪ですが、雪は融けてしまいそう。根雪になるのは、まだ先のようです。

こういう時には、お野菜を沢山食べて風邪予防。

この間、お友達とランチした時に食べたサラダ。

0911271

20種類のお野菜が入ってるそう。見た目も充分楽しめたけど、味も、オーガニックのお野菜だとかで、一つ一つの味がしっかりとして濃く美味しかったです。

実は、北海道の季節の中で冬はちょっと苦手です。北海道での生活も丸4年と少しになったのだけど。

「寒さが。。。」というよりは、雪に何もかもが覆われてしまってモノトーンの世界になってしまうので、気持ちがちょっと下向きに。

でも今年の冬は、そんな北海道の冬を好きになろう!と思ってます。

冬だからこそ、できること、楽しめること、探そうと思います。

何か見つけられるかな。

snow blossoms

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »