« 秋晴れの週末 | トップページ | 素敵なものに囲まれて »

2009年10月28日 (水)

空気のような音

制作の時は、音楽を聴いています。

何度もCDを取り替えて聴くのではなく、飽きるまで同じCDをオールリピートにして、かけっぱなし。1週間以上同じCDを聴いていることもあります。

聴くのは、基本、歌が入っていないもの。

日本語や英語の歌詞がついていると、その言葉を耳が追ってしまって、気が散るのです。

最近、ずっと聴いているのがHenning Schmiedtの「klavierraum」というCD。

ピアノの小品集です。

このCDと出会ったのは、いつもお世話になっているSiesta Labo.さん。

ある時、お店でかかっている音楽がとても素敵で忘れられなくて、その次に行った時に、「この間かかっていた、ピアノの曲は。。。?」とお尋ねしたら、このCDだと教えてくださいました。

ドイツのピアニストの方。

妊娠中の奥様が暑い夏を心地よく過ごせるように。。。と作られた作品とのこと。

丁度、お店でも取り扱いがあったので、購入して帰ったのでした。

空気みたいな音。

「空気」っていうと、無味無臭というか、味気ないものの例えになるのかもしれないですけど、そういう意味ではなく、ごく自然に耳に入ってくる音なのです。

澄んだ柔らかな音が緩やかな波となって包み込んでくれて、穏やかな気持ちになれる。

肩に力が入ってガチガチになりそうな時、ポンポンっと背中を叩いてくれる。。。そんな音なのです。

今回の個展に向けての制作は、このCDのピアノの音に包まれ、守られていきそうです。

0910261

snow blossoms秋の個展「冬の入り口 ~天然石で装う~」のご案内はこちら→「ご案内

snow blossoms

|

« 秋晴れの週末 | トップページ | 素敵なものに囲まれて »

素敵なもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋晴れの週末 | トップページ | 素敵なものに囲まれて »