« 糸の色 | トップページ | 夏の終わりに。。。洞爺湖へ »

2009年8月22日 (土)

食卓の上のお守り

去年、くま夫さんと私は年男・年女だったので、何か年のお守りを。。。と、知り合いの木彫作家さんStudio Pawさんに作っていただいたのが「恋ねずみ」君。(→過去の日記はこちら

090811eto2

大好きな人に薔薇の花一輪とチーズを持っていくところ。。。という、素敵なお話のある作品を作ってくださいました。

玄関に飾っておくのが何だか寂しい、ということで、家族が顔をあわせる食卓の「お守り」として、一年間、食卓の真ん中に飾っていました。

年が明けて今年に入った時、そろそろ恋ねずみ君の出番も終了だねぇ、となった時に思いついたのが「毎年1つずつ干支の置き物を作ってもらおう」という、12年がかりの計画でした。

こんな悠長な計画、ご迷惑じゃないかしら。。。と思いながらStudio Pawさんにご相談したところ快諾してくださったのです。

そして、もう先月の初めの話になるのですが、我が家にやってきたのが「春恋の牛さん」

090811eto1

作品を作っていただく際に、Studio Pawさんにお願いしたことが一つだけ。

「恋ねずみ君」には、とっても素敵なお話があったので、これからの作品にも何かお話を付けてください、と。

「春恋の牛さん」もやっぱりテーマは「恋」だそうです。

春の日、ちょこんととまった可愛いチョウチョに恋をしてしまったのだそう。

春恋の牛さんが来たので、ほんとは恋ねずみ君はお役御免なのですが、棚にしまってしまうのが何だかもったいなくて、今、我が家の食卓の上には春恋の牛さんと恋ねずみ君が仲良く並んで飾られています。

090811eto3

毎年一つずつ増えていく大切なお守り、来年は虎。今からどんなお話のある作品がやってくるのかとても楽しみなのです。

snow blossoms

|

« 糸の色 | トップページ | 夏の終わりに。。。洞爺湖へ »

素敵なもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 糸の色 | トップページ | 夏の終わりに。。。洞爺湖へ »