« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月20日 (水)

誕生日でした

先週末の土曜日16日は、私の誕生日でした。

前日にケーキを買って、家族でお祝い。

今年は「べんべや」さんのケーキbirthday

0905161

ロウソクは。。。何本立ったかは秘密ですcoldsweats01

クリームが甘すぎないので、乗ってるイチゴやブルーベリーの甘さが感じられるケーキでした。

今度は、焼き菓子も食べてみなくては。

16日の誕生日の日は、くま夫さんとお出かけ。

お天気もよく、お出かけ日和でした。

色々なお店を覗いたり、カフェでお茶したりと、札幌の街をお散歩。

夜は、エスニックと中華のお店で乾杯。

0905167

ちょっと、ブレブレですねsweat01撮ったのは、ほろ酔い気分のくま夫さんです。

プレゼントをお披露目shine

くま夫さんからは、cheerさんのリネンガーゼのパーカー。

0905164

くったり感がとても好きです。

実は、このパーカーは先月にもらってました。丁度シーズンだったので誕生日まで待たずに封を開けたのです。春先のお出かけの際に活躍してくれました。

姉からのプレゼントは2つ。

1つめ。アンティークな雰囲気が漂うフォトフレーム。

0905166

展示会の時などにプロフィールや天然石ビーズの説明の紙を飾る、素敵なフォトフレームが欲しかったのです。

早速、次の個展でデビューさせる予定。

もう1つは、リネンのストール。

0905165

幅が狭いのですっきりと首に巻けるから、これからの季節にピッタリ。

先に3つ付いたポンポンも可愛いheart04

そして、今日5月20日は「結婚式記念日」です。

先週の土曜日に誕生日と合わせてお祝いしてしまったのだけど、今日も軽~くお祝いする予定です。

誕生日が終わり、結婚式記念日を迎えると、丁度「さっぽろライラックまつり」の頃。

今年も今日5月20日から24日の日曜日まで開催。

そういえば、ライラックをテーマにした作品って制作したことないなぁ。。。

作ってみようかな。

snow blossoms

| | コメント (6)

2009年5月12日 (火)

ニセコ食べ物紀行 番外編

ニセコからの帰り道。

札幌へと戻る道は、小樽を経由します。

朝ニセコへと向かう道で、「おたるワインギャラリー」が5月9日・10日は工場開放日と看板が出ていたので寄ってみることに。

090509niseko28

090509niseko29

090509niseko30

house北海道小樽市朝里川温泉1丁目130番地telephone0134-34-2181(9:00~17:00年末年始休)

店内はセール状態。2007年もののワインが半額以下の1本500円!

美味しいソーセージを買ったし、今夜はワインを楽しむことに。

090509niseko34

。。。なら1本でよいのだけど、せっかくのセールだからもう少し購入(^^ゞ

そして、ワインにはパンでしょshine

麦輪小樽」さんのベーグルlovely

house小樽市新光2-21-17telephone0134-51-3251

090509niseko35

北海道の牛乳を使って作ったというクリームチーズも購入しました。

これで今年のGWはホントにおしまい。

でも、北海道は花が咲き緑が輝く季節に突入。

お出かけには最適の季節になりました。

綺麗な色のアクセサリ作りたくなった休日でした。

snow blossoms

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

ニセコ食べ物紀行③

ニセコというとやはりスキーのできる冬が一番なのかもしれませんが、オフシーズンにあたる春や夏も、キラキラと輝く白樺の緑の中を涼やかな風が吹き抜けていく素敵な場所だったりします。

それに、色々なクリエイターの方の工房が点在しているので、作品を見せていただいたり体験教室に参加したりできるんですよ。

じゃが太」さんでいただいたエリアマップに、いくつか陶房が載っていたので訪ねてみることに。

でも。。。

GWが終わってすぐの週末だったからか、どこもお休みweep

でも、また美味しいもの発見!

訪ねてお留守だった陶房のお隣が「手作りハム・ソーセージ レストラン&ショップ エフエフ」さんだったのです。

090509niseko19

house北海道虻田郡ニセコ町ニセコ483-1telephone0136-58-3162

 (ショップ9:00~18:00/ランチコーナー11:00~15:00)

ショーケースに並んだソーセージやベーコンを見ていると、お店の方が試食を勧めてくださいました。

チーズが入ったケーゼブルストと、粒コショウやマスタード、ガーリックが入ったビァーブルストを試食したのですが、どちらも美味しくて。

でも、夜お酒と一緒にいただくのなら。。。と、ビァーブルストを購入。

090509niseko31

スパイシーでお酒のおつまみにピッタリなのですwine

「エフエフ」さんを出て、ずっと車に乗りっぱなしだし、少し休めるところに行こうと車を走らせ「ニセコヌプリホルスタインズ ミルク工房」へ。

090509niseko24_2

house北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1telephone0136-44-3734

 (9:30~18:00/ケーキの販売は10:00~ 年末年始休業)

羊蹄山が綺麗です。

090509niseko22

ここには以前にも何度か来たことがあったのですが、今回行ってみたらオーガニックコーヒーのカフェが併設されてました。

黒糖ミルクコーヒーとミルクバームクーヘンのプレート。ミルクアイスが添えられてるのも嬉しいheart04

090509niseko20

アイスカフェラテとチーズケーキのプレート。茶色いのはシュークリームの皮のラスクです。

090509niseko21

お店の敷地は広く、他にも北海道のクリエイターさんの作品を集めたショップやとんぼ玉のショップなどがあり、ちょっとプラプラするのに丁度良い場所。

くま夫さんが見つけた羊蹄山の絶景ポイントからcamera

090509niseko25

帰り道用に「こだわりシュークリーム」を。

090509niseko26

サクッ、パリッの皮が歯ごたえがあってとろりとしたカスタードがたっぷりです。

まだまだ他にも行ってみたいところはあったのだけど、もうそろそろ帰らなきゃね。

つづく。。。

snow blossoms

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

ニセコ食べ物紀行②

炭焼きソーセージや、ソフトクリームを堪能したのだけど、やっぱり美味しいランチも!pigということで、倶知安町に入った頃はもう11時半ごろだったので、ランチのお店探し。

ガイドブックに紹介されていた記事が、とても美味しそうだったので。。。

ファームレストラン じゃが太」さんへ。

090509niseko12

house虻田郡倶知安町字富士見telephone0136-23-1120(11:00~15:30 木曜定休)

ここはお店の名前にもあるとおり、ジャガイモを使った料理、コロッケがメニューの中心。

各テーブルには「コロッケの食べ方」なんて紙も置いてあったりします。

牛スジのハヤシライスとコロッケのセット

090509niseko16

ポテトサラダと野菜たっぷりのスープ付き。

090509niseko15

ハーブ豚のヒレカツとコロッケのセット(ライス・スープ付き)

090509niseko17

おからハンバーグとコロッケのセット(ライス・スープ付き)

090509niseko18

ポテトサラダもコロッケも薄味仕立て。だからジャガイモのホクホクとした甘さがたっぷり味わえます。

コロッケはテイクアウトもできるそうで、私たちの前のお客さんはテイクアウトしていってました。

コロッケをかじりながら散策するのもよいかも。

レストランは小さな池の側。羊蹄山も望める中々すてきなところです。

090509niseko13

食後、お店の周りを少し散策していたら、面白いもの発見!

090509niseko14

北海道ならではのエコな雪の活用法ですね。ニュースなどできいたことはあったけど、実際に使われているのを見たのは初めてでした。

お腹もいっぱいになったところで、ニセコの町をドライブです。

美味しいおやつを頂くために、お腹を減らさなくてはいけませんから(^^ゞ

つづく。。。

snow blossoms

| | コメント (2)

2009年5月 9日 (土)

ニセコ食べ物紀行①

GW期間中はくま夫さんのお仕事の関係で遠出ができなかったので、せっかく季節も良くなったから。。。と、ニセコへドライブrvcar

ニセコに行く時に必ず寄るところ、トンデンファームのホピの丘

house北海道余市郡赤井川村常盤356番地1telephone0135-34-7878

「ホピ」とは、平和を意味し、アメリカ・インディアンのひとつの部族であるホピ族に由来しているのだそう。

その名のとおり、ウェスタンな建物です。

090509niseko2

お馬さんもいます。

090509niseko3

写真には撮らなかったけど、他にヤギやダチョウ(!)もいます。

ここでの、お目当ては。。。

090509niseko1

そう、炭焼ソーセージpig

090509niseko4

食券を渡すとその場で焼いてくれるので、熱々をいただけます。

090509niseko6   

行者ニンニクがたっぷり入っていて、噛むとプチッとはじける皮がまた美味しい~。

090509niseko7

気をつけて食べないと、肉汁がポタリと服の上に。。。なんてことになってしまうので、車を停めて食べるのをお奨めします(笑)

くま夫さんが、「一番美味しい!」というこの炭焼きソーセージ。

トンデンファームのソーセージは、わりと色々なところで購入できるのですが(東京でも、東急ストアさんにありました)、この美味しさはホピの丘でないと味わえない気がします。

ホピの丘は、ニセコに向かう途中、キロロの手前あたり。

この辺りは、まだ雪が残っています。

090509niseko9

少し走ると、山中牧場が。ここもニセコに行く時に必ず寄るところ。

house 北海道余市郡赤井川村字落合478番地telephone0135-34-6711

 (夏季(4月末~10月末)8:30~18:00

  /冬季(10月末~4月末)8:30~17:30木曜定休)

ここでのお目当ては、牧場内の売店で売っているソフトクリーム。

090509niseko8

さらっとした口当たりで、ホントに牛乳そのものといった感じ。これもくま夫さんのお気に入り。

右端のソースがかかっているのは、自家製ブルーベリーのソース。甘すぎずあっさり目。ソフトクリームにピッタリの相性です。

山中牧場を過ぎ、しばらく走ると羊蹄山が見えてきます。

090509niseko11

さぁ、ニセコはもうすぐです。

つづく。。。

snow blossoms

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

絵画と写真の交差(札幌芸術の森美術館)

GW最後となった5月6日、前々から観に行こうねと言っていた札幌芸術の森美術館で開催中の「絵画と写真の交差 ~印象派誕生の軌跡~」を観てきました。

0905061

難しいことを言うことはできませんが、絵画に写真の誕生~発展がどのように影響していったか、ということがわかる展覧会でした。

特に、写真という技術が誕生し、発展していく様子が、時代時代に撮られた写真を通して知ることができたのが興味深かったです。

ボンヤリとしたシルエットしか捉えることが出来なかった写真が、次第に精密な描写が可能になり、動きのあるものの一瞬を捉えることも可能になっていくのです。それも200年ほど前の時代に。

「技術」としてみると、まだまだ拙いものなのかもしれないけど、現代の技術では逆に作り出しにくくなってしまった「魅力」がいっぱいのセピア色の写真の数々。

当時の写真家の方々が注ぎ込んだ情熱を垣間見ることが出来ました。

個人的には、ドガの名前が挙がっていたので楽しみにしていたのですが、思ったほどの作品数はなく、ちょっと残念。

でも、ドガが自身の作品用に撮ったと思われる写真を、実際に見ることができたのは嬉しかったです。

まだ動きの一瞬を捉えることが技術的に不可能だった頃にバレリーナを撮った写真なのですが、ぼやけた中に僅かに見える動きが美しくて。

ミュージアムショップでは、ドガの絵も含む絵葉書を購入。

0905062

早い時間に行ったので館内も混んでなく、ゆっくりと観て回ることができました。

展覧会を観た後は、芸術の森に来た時は必ず寄るVergine Baccanoさんで、美味しいランチ。

その後、お天気もよくドライブ日和だねぇ~と、少しドライブ。

美味しいランチでお腹一杯だったのが、少しこなれてきたタイミングで午後のお茶を。

行ったのは、「CAFE BLANC」さん。

お店の名前のとおり、真っ白な壁のお店。

0905064

「CAFE BLANC」

 house札幌市中央区南19条西15丁目5-10(10:30~23:00/LO22:30 不定休)

お店の中も、真っ白でした。でも、それでいてあたたかさを感じるのです。

沢山の絵や写真を観てちょっと疲れた目にも優しい空間でした。

「また来ようね」帰り際、二人でそう言いあったカフェがまた1軒。

遠出はできなかったGW。でも、かなり充実した休暇になりました。

snow blossoms

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

小樽散歩

今年のGWは、くま夫さんのお仕事の都合があって遠出できずにいますweep

でも、今日はお出かけ。

くま夫さんが休日出勤するのに合わせて小樽へ。

小樽へ行くのに「ニセコウォーター」

090505otaru3

職場へ向かうくま夫さんと別れて、小樽の街をお散歩です。

今まで何度か小樽に来たことはありましたが、その時はまだ観光客としてだったので、お土産屋さんばかり覗いてて、街並みをきちんと見たことがなかったのですが、思っていた以上に古い建物が残っているのですね。

時代を感じさせる古民家。

090505otaru5

090505otaru10

ただ保存されているのではなく、古さを残しながらリノベーションされて、カフェやお店として今もしっかり息をしている建物たち。

今の建築には中々見ることができない装飾。

090505otaru6

090505otaru7

結構歩いて疲れたので、お茶をすることに。

本で見つけて、前から行ってみたかった「大正カフェ 雨情」さんへ。

090505otaru9

「大正カフェ 雨情」 house小樽市堺町2-12(10:00~21:30LO 無休) 

ホントはお昼も近かったしコーヒーだけにしておけばよいのだけど、とっても気になっていた「焼きカステラ」をオーダーpig

090505otaru8

レトロなお皿で出てきました。

バターでカステラを軽く焼いてあるのですが、ほんのりバターの塩味がカステラの甘味と合わさって、甘さが抑えられたところに、ジャムとクリームが丁度よい感じ。

そして、焼くことで表面はパリッ、サクッっと、中はふんわりなのですheart04

お家でも今度真似して作ってみようかなぁ。。。

お茶の後は、またお散歩開始。

あっちのお店、こっちのお店。。。と覗き覗きしていると、くま夫さんから「お仕事終わったよ~」との連絡が。

ここから、くま夫さん合流。

今回の小樽散歩のメインの目的地、「Uguis」さんへ。

くま夫さんが随分前に見つけていて「とっても素敵な感じだよ~。今度一緒に行ってみようか」と言っていた所だったのですが、ATELIER MOON+のスタッフさんからも「とっても素敵な場所よ」と教えてもらって、ぜひとも行ってみたかったのです。

建物全体を、オーナーさんが自分でリノベーションしたという空間。入り口もシンプルだけどあたたかな感じ。

090505otaru15

ちょっと遅めのランチ。

ハンバーガーです。バンズがどれだか分からないくらいのボリューム。

090505otaru11

パスタ。クリームなのだけど、あっさりしていてガーリックが効いてます。

090505otaru12

食後は、ベリーのソーダとカフェオレ。

090505otaru13

090505otaru14

カフェの中も、塗った壁とかシンプルなテーブルや椅子などのインテリアとか。。。どこを見てもとっても素敵だったので、ぜひ行ってみてくださいね。

オーナーさんお独りでお料理も作っていらっしゃるので、どうぞお時間にゆとりのある時に。

ゆったりとした時間をすごせますよ。

お腹いっぱいになっての帰り道。

それでも、ビールとおつまみにカマボコ買ってJRにtrain

090505otaru16

また来るよ~。

090505otaru17

snow blossoms

| | コメント (0)

桜と桃

今年のGWはとっても暖かな札幌です。

4月の終わりに札幌といえど「季節外れ」の雪が降ったりして、桜の開花予想がGW終わり直前の5月5日。。。なんて言ってたのですが、30日に一気に咲き、1日には満開になってしまいました。

我が家の桜も、30日に開花cherryblossom

こちらでは、梅と桜がほぼ同じくらいに咲き、桃はその後って感じです。(我が家の木だけなのかなぁ。。。)

今日、休日なのでくま夫さんがゴミを出してくれたのですが、その時に桜と桃を一枝ずつ切ってきてくれました。

0905053

我が家の桜はソメイヨシノ。エゾザクラの濃い目のピンクもそれはそれで素敵なのですが、やっぱり儚げな淡い色こそ私の中の「桜」なのです。

0905054

桃の蕾はだいぶ膨らんでいるけど、花開くのはもう少し先だなぁ。。。

0905055

ここから一気に色があふれ出す北海道。

待ち望んでいた季節がやってきましたヽ(^o^)丿

snow blossoms

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »