« 冬の買い付け | トップページ | Siesta Labo.へ »

2009年1月27日 (火)

ギエムのボレロ

バレエを観てきました。

去年亡くなったモーリス・ベジャールの追悼公演です。

シルヴィ・ギエムがボレロを踊るというので、チケットを取りました。

Guillem1

ギエムのボレロを観るのは、これで何度目でしょうか。。。

何度観ても、毎回新鮮な感動を覚えます。

静かな出だしの音楽。スポットライトに浮かび上がるギエムの手。

音楽の抑制された音にあわせ、張り詰めた空気の中でしなやかに踊る身体。

どんどん緊張が高まる音楽とギエムの踊り。今にも爆発しそうな空気。

音楽がフルオーケストラになると同じくして、ギエムの踊りも一気に解き放たれるのです。

涙が止まりませんでした。圧倒されるほどの力強さに。

この演目は、生きることへの賛歌なのだと思います。ギエムがベジャールへの追悼公演の演目として「ボレロ」を選んだのがわかる気がします。

カーテンコール、何回あったかわかりません。鳴り止まない拍手。

ホントは立ち上がってスタンディングオベーションをしたかったのですが、そうすると後ろの席の方に、ギエムの姿が見えなくなってしまう。。。と我慢して、精一杯大きな音で拍手してました。

はっきりとした色や形を持ってはいないけど、あるイメージが浮かびました。

ギエムをテーマに作品をいつか作ってみたいです。

snow blossoms

|

« 冬の買い付け | トップページ | Siesta Labo.へ »

素敵なもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の買い付け | トップページ | Siesta Labo.へ »