« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月20日 (日)

ヴァイオリンの音色

昨日、森本千絵さんのヴァイオリンのコンサート「森本千絵 無伴奏ヴァイオリンの夕べ」を聴きにいってきました。

「無伴奏」とコンサートのタイトルにあるとおり、ピアノやオーケストラなど他の楽器の伴奏を伴わない、森本さんのヴァイオリンだけのコンサートです。

昨日のプログラムをご紹介しておきますね。

  • J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調BWV1006
  • E.イザイ/無伴奏ヴァイオリンソナタ作品27第2番イ短調ジャック・ティボーに
  • M.バークレイ/無伴奏ヴァイオリンのための「葬送とファンダンゴ」
  • J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調BWV1004

ヴァイオリンのみの演奏は、森本さんのサロンコンサートなどで聴いたことはあったのですが、やっぱりホールで聴く方が音の響きとかが違いますね。

音楽のことはあまり詳しくないのですが、真ん中の2曲、イザイとバークレイの曲は前衛的というか、次に来る音が予想できなくて「次は何が来るのかな」と緊張して身構えて聴く感じでした。

モダンバレエを観た時に感じた緊張感と同じかな。

対照的に、バッハの曲は次にくる音とか旋律とかが予想できてゆとりを持って聴く感じ。

丁度、最近、制作の時の音楽に、賛美歌やグレゴリオ聖歌、ミサ曲を集めたCDを聴いているのですが、その時に感じる、音楽によって安らぎを与えようとしてくれているところが似ているなぁ。。。と思いました。

バッハの曲を聴いてる時に、何度か聖歌隊がおごそかに歌うイメージが浮かびました。

どの曲が好きかなんて言うのはおこがましいかもしれませんが、制作の時に聴いていたいのはバッハの曲だなぁ。イザイとバークレイの曲だと、曲の方に気持ちが移ってしまって、制作どころじゃなくなっちゃいそう。

無伴奏といっても、絶え間なく音がつながっていくのではないんです。音が全くない間がある。でも、「音のない音」というか、その瞬間も音楽を感じるんです。森本さんだけにしか作り出せない間というか。

アンコールで弾いてくださった曲、すごく好きでした。

何だか「頑張りすぎないでいいんだよ」と語りかけられているような、よしよしと肩をたたかれているようなそんな感じの曲。あの曲、また聴かせていただきたいなぁ。。。

森本さんの演奏を聴いている時に、何度か色のイメージが浮かびました。作品にできるといいなぁ。。。

snow blossoms

| | コメント (2)

2008年7月17日 (木)

新しい試み

気がつけば、この週末の連休でatelier moonさんでの作品展まで1ヶ月となります。coldsweats01

思いがけなく決まった作品展なので準備時間が少ないのですが、お越しくださるお客さまの目を少しでも楽しませたい。。。

それには、作品作りしかないですよね。

ちょっと、アイディアが。

せっかく、初めてお店のスペースをお借りしての作品展なのだから、そのお店ならではの作品を作ろうかと。

先日納品に行った際に、ちょこっと仕入れ。

Button1 atelier moonさんで取り扱ってる、アンティークのボタンを買ってきました。

ガラスやメタル、マザーオブパールのボタン達。

ボタンをポイントに使ったアクセサリを作ってみるつもり。

どんな風に、このボタン達が変身するのか。。。

お楽しみにheart04

snow blossoms

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

ワイヤー巻き巻き

このところリングというと、既製のリング台を使うか、チェーンをアーム部分に使うかしていましたが、久々に「ワイヤー巻き巻き」でリングを制作しています。

きっかけは「atelier moon」さんに納品に伺った際、スタッフの方の「リングは季節を問わず、よくご購入いただくんですよ~」という言葉。

じゃぁ、ちょっと何種類かリングを作ってお持ちしようかな。。。と。

Makimaki1 今年の冬、IJTで一目惚れしてしまったアクアマリンの連の中でも、特に綺麗なブルーの子を選んで、ワイヤーで巻き巻き。合わせたのはゴールドフィルドのワイヤーなので、結構ゴージャスshine

ゴールドってフォーマルなイメージだけど、こうしてセンターの石はラフなカットのタンブルだし、ワイヤーで巻き巻きだし。。。ってすると、良い具合にドレスダウン。

もう一つ、今度はシルバーワイヤーを使って。Makimaki2

センターの丸い石は、リバーストーン。アメリカのミシシッピ川の川底から採取された石なんですって。

ベージュでまろやかな印象なので、涼しげなアクアマリンのチップスを沿えてみました。

こちらの作品は、近いうちに「atelier moon」さんの店頭に並ぶ予定です。ぜひ、お近くにお越しの際は覗いていってみてくださいねheart04

さぁ、またリング作るぞ~(^^)v

snow blossoms

| | コメント (2)

2008年7月 6日 (日)

暑かったです。。。

昨日は、ホントに暑かったです。。。sweat01

前の日の天気予報では、最高気温が27℃ぐらいだったので「う~、暑くなるんだ。。。」と思っていたのですが、お昼過ぎに家の温度計を見たら30℃を超えてましたsun

Sora0807052 ←家中で一番風が通るところで、寝ています。

北海道人のくま夫さんよりも暑さに弱い私なので、日中は思ったように制作がはかどらず。。。(-_-;)

とうとう、夏本番なのですね。

先日、「atelier moon」さんへ納品した作品の中にも夏ならではのものが。Pict0026

夏というと、やっぱりターコイズ。

12月の誕生石なのが不思議なくらい、夏に似合う石。

アリゾナターコイズのファセッテドスクエアを使ったピアスです。

ターコイズというとカジュアルなイメージですが、その綺麗なカットと、合わせたゴールドフィルドとキラキラのアクアマリンで、上質感漂うピアスになりました。

来週の火曜日には、HOT ARTさんの方にも何点か納品する予定です。

さぁ、涼しくなったし、もう一頑張りしようかな。。。

snow blossoms

| | コメント (4)

2008年7月 2日 (水)

憧れがひとつ。。。

こちらに来て活動を始めたばかりの頃、新聞の小さな紹介記事を見て出かけたお店がありました。

丸山にあるそのお店は、それほど広くない店内にオーナーさんがこだわって集めてきたんだろうなぁ。。。と思わせる、素敵なアンティークや雑貨がほどよい間を取ってディスプレイされてました。

「いつか、こんなお店にsnow blossomsの作品を扱ってもらえたらいいねぇ。。。」そう話したのを覚えています。

そんな憧れが、一つかないました。

お店の名前は「atelier moon」(札幌市中央区大通西24丁目1-26北東角)さん。

「温もり」をテーマに、ヨーロッパや世界中から探し集めたアンティークや日本の古道具、北海道で活動している作家作品(私もその一人(^^ゞ)を取り扱っている、アンティークと雑貨のお店です。

Moon1_2  昨日、お店の方に伺って作品をディスプレイしてきました。

素敵なガラスケースを展示の場として提供してくださって、そこに作品が収まると、何だかいつもより柔らかな光を見せてくれてます。

お店のオーナーの方も、スタッフの方もとても素敵な方。昨日はスタッフの方が対応してくださったのですが、ついついお話が弾んでしまいました。

もう一つ、素敵なお話が。

そこのお店で8月の20日から31日まで、店内のコーナーをお借りして作品展をさせていただくことになりましたshine

詳しいことが決まり次第、サイトの方でご案内しますねheart04

さぁ、制作がんばるぞ~(^^)v

snow blossoms

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »