« シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2007 | トップページ | グリュー・ワイン »

2007年12月15日 (土)

コンサートと展示会と

今週は、何だか芸術めいた週末です。

Chiemorimoto 13日のバレエに続き、昨日14日は、森本千絵さんのヴァイオリンのコンサートでした。

場所は先月と同じ札幌市中央区旭ヶ丘にある「奥井理ギャラリー」。今回は夜のコンサートです。

「ガラ(=祭典、特別公演)」という題名のとおり、今回は森本さんのヴァイオリンの他に、森本さんの高校時代の同期のソプラノ歌手の高橋道子さんが加わり、普段は伴奏で森本さんをサポートしているピアノもソロの演奏があって、クリスマスも段々と近づき、華やいできた街の雰囲気を感じさせるコンサートでした。

息遣いも聞こえるほどの距離で、生の演奏、歌を聴くことができるって、ホントに贅沢な気持ちになります。

にこやかにお話をしてくださっていた森本さんの表情が凛とひきしまり、演奏が始まる。。。空気が変わるその瞬間を間近に感じられるのですから。

クラシックを聴くようになってから、まだ日が浅い私なので、コンサートで聴く曲は、毎回ほとんどが初めて聴く曲ばかりです。でも、その分、自分で色々と自由に想像しながら曲を聴いてます。色のイメージが沸くことが多いかな。

来年も、できるだけたくさん森本さんの音楽を聴く機会がありますように。。。帰り道はそんなことを願いました。

そして、今日は「rabico silver works」さんの作品展「銀の飾りを一つ」を、くま夫さんと見に行ってきました。

普段、rabico先生が作品を委託販売している「ほくせんギャラリー ivory」のショップ内のスペースでの小さな展示会。

作品数は、それほど多くはなかったけど、どれもrabico先生らしいどこかアンティークな空気が漂う作品が、それぞれのイメージにあったディスプレイで飾られてました。

先生の展示会を見るのは、「わ~!可愛い~」「素敵~」って、普通にお店を覗いているような気分が半分と、もう半分は「お勉強の場」にいる生徒の気分だったりします。

何といっても、先生の素敵なお手本を生でじっくり見せていただけるのですから。(*^_^*)

先生の素敵なセンス、丁寧なお仕事を見ていると、とたんに「シルバークレイ熱」がうずき出してきます(^^ゞ

丁度、クリスマスプレゼントにちょっとしたものを探していたので、素敵な髪留めを購入。気に入ってもらえるといいなぁ。。。

さぁ、私も制作がんばろ!

snow blossoms

|

« シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2007 | トップページ | グリュー・ワイン »

素敵なもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シルヴィ・ギエム・オン・ステージ2007 | トップページ | グリュー・ワイン »