« ディズニー・アート展などなど | トップページ | 花散らしの。。。 »

2007年5月 7日 (月)

live image 6 six

Liveimage6 GW最後となる昨日、北海道厚生年金会館へ「live image 6 six」に行ってきました。

以前、「image」のアルバムは購入したことがあるのですが、コンサートに行くのは初めてでした。

オープニング曲は、今回の音楽監督も務める羽毛田丈文さんの「地球に乾杯」。NHKの番組のテーマ曲で、何度も耳にしたことがある曲だったから、「どんな感じのコンサートなのかなぁ。。。」と、ちょっと構えていた耳も、すっかりリラックス。正面に大きなスクリーンがあって、そこに流れる映像も印象的。

演奏者の一人、ジェイク・シマブクロさんのウクレレは、新鮮な驚きでした。ウクレレ=ハワイアン・ソングというイメージで、ゆらりゆらりと吹く風のようなまるい音を出す楽器だと思っていたのですが、一曲目に演奏されたのは、情熱的で鋭い、感覚を呼び覚ますような曲。ウクレレという楽器の奥深さを知りました。

今回が初参加という古澤巌さんのヴァイオリン。1曲目が何と「ニュー・シネマ・パラダイス」。私の中でのエンニオ・モリコーネのベスト1!大好きな曲♪もう、出だしの音で体中がサワサワとざわめきました。伸びやかで艶やかなヴァイオリンの音色。自然と目がうるみました。

もう1曲、聴くことができて嬉しかった曲があります。松谷卓さんの「TAKUMI/匠」です。テレ朝の「大改造!劇的ビフォー・アフター」という番組の挿入歌なので、知ってる方も多いと思います。他にも色々なTVでBGMとして使われることが多いし。とても澄んだ柔らかい曲。あたたかいピアノの音色が、オーケストラと混ざり合います。

トリを務めたのは葉加瀬太郎さん。1曲目は「Etuprika」。ピアノと葉加瀬さんのヴァイオリンのみのアレンジ。この曲、TBSの「情熱大陸」の番組のエンディングでいつも印象的に使われる曲なので、いつもこの曲を聴くと、じーんと胸が熱くなるのです。最後は「『情熱大陸』のテーマ」。皆総立ちで、手拍子打ってました。

アンコールは、出演アーティスト全員で「サウンド・オブ・ミュージック」の「my favorit things」でした。ジャズのような、出演アーティストそれぞれがソロパートでの見せ場があるアップテンポのアレンジ。毎回、この曲を最後に演奏しているのだそう。

このコンサートは、毎年開催されているそうです。今回が7回目とのこと。来年も北海道に来てくれたら行きたいなぁ。。。

snow blossoms

|

« ディズニー・アート展などなど | トップページ | 花散らしの。。。 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

ジェイク・シマブクロはいいですねぇ。

紅白で初めて知ってから、
ときどきテレビで追っかけしてるんですが・・・
木漏れ日と吹き抜けるそよ風をかんじたり
時として、激しい日差し感じたり・・・

インタビューのときなんかに、
大物ぶらないで、はにかんだ表情なのがまたいいんだなぁ。

投稿: ママ | 2007年5月 8日 (火) 09時50分

>ママさん

ジェイク・シマブクロさんは、飄々としたいい感じのお兄ちゃんでしたよ。
のほほんとした雰囲気なのに、あの情熱的な演奏!とギャップも面白かったです。
また演奏を聴いてみたいなぁ。。。

投稿: ゆきむし | 2007年5月 9日 (水) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ディズニー・アート展などなど | トップページ | 花散らしの。。。 »