« やっぱりフィギアスケートは面白い | トップページ | 森本千絵さんのコンサート »

2007年4月 9日 (月)

コーチャンフォーに行きました

この週末、「快晴!」っていうお天気な訳ではなかったのですが、庭のクロッカスが咲き始めました。気が付いたら、そこここに。まだ手稲山はモノトーンですが、北海道にも遅い春がようやく到着した模様です。

わりと近所に、大きな本屋さん「コーチャンフォー」ができました。正式には「Couch and Four」で4頭立ての馬車の意味だということは、ネットの検索で知りました。

基本的に本屋さんなのですが、規模が大きく、雑貨や文具、手工芸用品まで売っていて、カフェも併設している不思議なお店です。内装もちょっと変わっていて、中世ヨーロッパ調の香り漂う店内。本屋さん特有の雑然とした雰囲気はありません。

この週末も、くま夫さんがパソコンの本を見たいというので、一緒について行ってきました。

くま夫さんがお目当ての本を探してる間、私は手芸・クラフト関係のコーナーをウロウロ。ビーズの本やシルバーの本をパラパラ立ち読みした後、本の検索コーナーへ。

実は、以前お店に来た時に見た本がやっぱり欲しくなって。題名すら覚えてなかったのですが、おぼろげな記憶を頼りに検索してみると。。。それらしい本にヒット。

Jewelrydesigns1 当初、クラフト関係のコーナーにあると思ったその本は、美術・デザイン関係のコーナーにありました。私が最初に見たのとは違うけど、同じシリーズの第3弾が見つかりました。

「パリ・ベルエポック期のジュエリーデザイン第3集」Jewelrydesigns2

中を開くと、モノクロで右の写真のように、当時の色々なジュエリーデザイン画がひたすら載っている本です。

なぜ、この本が欲しかったかというと。。。

当時の細やかなデザインを見ているだけでも、充分楽しいのですが、最近、シルバークレイでただ形を作るだけではなく「彫り」にも挑戦したいなぁ。。。と思うようになってきたので、そのデザインの参考にしたかったのです。

デザイン関係のコーナーには、その他、北欧のテキスタイルのデザイン集など欲しい本をいっぱい見つけちゃいました(*^_^*)

本屋さんって、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

snow blossoms

|

« やっぱりフィギアスケートは面白い | トップページ | 森本千絵さんのコンサート »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっぱりフィギアスケートは面白い | トップページ | 森本千絵さんのコンサート »