« 桜 | トップページ | コーチャンフォーに行きました »

2007年4月 2日 (月)

やっぱりフィギアスケートは面白い

Figure1先週の土曜日、3月の最終日31日に真駒内アイスアリーナで開催された「世界フィギア2007エキシビジョンツアー 札幌公演」に行ってきました。

東京に住んでいた頃は、NHK杯や世界選手権を見に、代々木や幕張まで、何度か足を運んだものでした。当時はフランスのフィリップ・キャンデローロ他、ご贔屓の選手も沢山いて、オリンピックの中継もTVにかじりついて見てました。

最近は、トリノの時の女子を生中継で応援したくらいで、少々フィギア観戦から遠ざかっていたのですが。。。

やっぱり、フィギアスケートは面白い!!ヽ(^。^)ノ

エキシビジョンということで、完全な「ショー」だったので、より人を楽しませる要素が多かったせいもありますが、メダリスト達の演技には、ため息ものでした。

Figure2 特に今回感じたのは、日本の男子選手が力をつけてきたんだなぁ。。。ってこと。世界選手権組として、高橋大輔と織田信成が滑ったんですが、他のメダリストである外国人選手と比べて、技術力・演技力ともに遜色なかったような気がします。高橋は堂々の銀メダルですしね。

力がある選手のジャンプって、滞空時間が長いせいか、フワっと下りる。柔らかさがあるんです。難しいジャンプであっても、ガチガチの硬さを感じないんです。それでいて、柔らかいのに迫力がある。

安藤美姫・浅田真央はメダリストの貫禄もあって、もちろん上手かったけど、入賞した中野友加里も良かったですよ。女子は層が厚いなぁ。

時代が変わったんだなぁ。。。って思ったのは、女子のメダルをアジア勢が独占したこと。ペアも金銀を中国勢が取ったこと。以前の記憶では、あまりなじみのない国の選手がメダリストになっていることは新鮮な驚きでした。ロシアはどうしたんだろ。卓越した技術に裏づけされた優雅な滑りのペアやアイスダンスなんか、ロシアの独壇場だったのになぁ。。。

フィギアスケートには全く興味がなく、今回は私にお付き合いのつもりで観戦したくま夫さんでしたが、とても楽しかったみたい。選手に向かってさかんに手を振っていました。自分から「プログラム買う」って言って買ってたし。

今度は大会を見に連れて行ってあげたいなぁ。。。あの独特の緊張感と熱気を感じさせてあげたいなぁ。。。って思いました。

来シーズンも、フィギアスケート観戦の機会に恵まれますように。

snow blossoms

|

« 桜 | トップページ | コーチャンフォーに行きました »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜 | トップページ | コーチャンフォーに行きました »