« 今日はハロウィーン | トップページ | 明日から東京です »

2006年11月 5日 (日)

ラプソディ・イン・ブルー

この連休中に、探していたCDを買いました。レナード・バーンスタイン指揮&ピアノの「ラプソディ・イン・ブルー」です。

ホントは、ただ「ラプソディ・イン・ブルー」を聴きたくて探していたら、偶然、バーンスタイン指揮&ピアノのものがあったのだけど。

「ラプソディ。。。」を初めて聴いたのは、中学の音楽の時間です。音楽鑑賞の時間に、アメリカの曲で、ジャズの要素をとり入れた曲と先生が説明してくださったのを覚えています。正直、それまでオーケストラっていうと、どこか背筋を伸ばして緊張して聴かないといけないってイメージがあったのですが、この曲は違いました。体でリズムを刻んで自由な気持ちで聴くことができたのです。

レナード・バーンスタインは、大好きなミュージカル「ウェストサイド・ストーリー」の作曲者。最初はただ「作曲者」として名前を知ってる程度だったのですが、高校生の頃にNHKの海外ドキュメンタリーで、バーンスタインが、自分で選んだアーティストと共に、自身初めて「ウェストサイド。。。」を指揮し、レコーディングしていく様子を追ったものを見て、バーンスタイン自身も好きになったのです。

以前、一度だけラジオでバーンスタイン指揮&ピアノの「ラプソディ。。。」を聴いたことがあったので、この組み合わせの存在は知っていたのですが、軽い気持ちで覗いてみたCDショップで手に入れることができたなんて♪

ところで、なぜ、急に「ラプソディ。。。」を聴きたいと思うようになったかというと、今、フジ系列で放映中の月9のドラマ「のだめカンタービレ」のエンディングで、この曲が使われていたから。このドラマは、大爆笑もののクラッシック界を舞台にしたコメディ。原作の漫画も最新巻まで買ってしまいました(^^ゞ何年かぶりに月9のドラマにはまって、毎回5分前にはTVの前にスタンバイして見ています。

クラッシック界が舞台というだけあって、毎回色々な曲が流れるのですが、そんなドラマや漫画を見ている内に、何だかきちんと音楽を聴いてみたくなったのです。

まずは、中学生の頃にオーケストラの楽しさを教えてくれた「ラプソディ。。。」から。とっかかりは、かなりミーハーですが、クラッシックを楽しんでみたいと思っています。

snow blossoms

|

« 今日はハロウィーン | トップページ | 明日から東京です »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

NHKのって、たしか若かりしころのホセ・カレーラスなんかが
さんざんしごかれて、そして見事な作品に仕上がっていく・・・
そんな内容じゃなかったですか。

私も、なんだかのめり込んで観ていたのを思い出します。

投稿: ママ | 2006年11月 6日 (月) 19時10分

>ママさん

そうですよ~。ホセ・カレーラスがトニーの役で、キリ・テ・カナワがマリアの役でした。
その年のクリスマスのプレゼントは、ドキュメンタリーの元となったCDを探してリクエストしたのを覚えています。

彼は、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)の提唱者として、北海道にも縁が深い方なんですよ。

投稿: ゆきむし | 2006年11月 7日 (火) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日はハロウィーン | トップページ | 明日から東京です »