« Lion King | トップページ | 流れゆく雲 »

2006年8月15日 (火)

絵本画展に行ってきました

Ticket_2偶然、札幌駅前の二つのデパートで絵本画展をしていたので行ってきました。

一つ目は、札幌西武ロフト7階で開催されている「ぐりとぐらのともだちあつまれ!『こどものとも』絵本の世界展」。 Kodomo9小さい頃に、毎月届くこの本達を楽しみにしていたものでした。 そんな小さな頃にちょっと戻った気分。

会場では、原画の展示数は少なかったのですが、その分、基本的に撮影OK!(原画を除いて)。ぐりとぐらの家や卵の殻で作った車、かみなりちゃんの浮輪など、絵本に出てくる物が色々と展示されてたので、夏休み中の企画展ということで子供連れの方が多く、絵本に出てきた物たちと一緒に嬉しそうに写真に納まっている光景が見られました。

会場に入ってすぐに「うぁ~(^o^)丿」って心の中で叫んでしまいました。Kodomo3絵本が出版された順に年表のように一覧になってたんです!Kodomo2 もう、思わず近寄って、自分が読み親しんだ本を探してしまいました~♪

結構、覚えているものですね。あの頃の本って。

他にも、絵本の中の風景を再現してみたコーナーや、いくつもの作品を生み出してくださった作家さんのアトリエの再現など、「絵を見て楽しむ」というよりは、展覧会の名前のとおり「世界を楽しむ」感じでした。Kodomo5 Kodomo7  Kodomo8

今ではほとんどのお話を忘れてしまっていても、絵を見ていると何だかホンワカとしてきました。夜寝る前に読んでもらったお話。少しずつ字を覚えて、自分一人で読んだお話。。。

正直、会場にいるお子さんの誰よりも私が楽しんでいたんじゃないかなぁ。。。なんて(^^ゞ

Sekaiehon1もう一つの絵本画展は、大丸・さっぽろで開催されている「世界の絵本作家展Ⅱ絵本作家ワンダーランド」です。

こちらは、いくつかのテーマに沿って、基本的に原画が展示されているもの。最初に行った「ぐりとぐら。。。」に比べて、ちょっと大人向きかな。「絵を楽しむ」雰囲気。そういえば、会場内もやや大人の数が多めだったかも。。。

Postcard こちらも、ゆっくりと時間をかけて楽しんできました。中でも「ちいさいおうち」の原画を見ることができたのが嬉しかったです(^^♪私の本ではなく、仲良くしていた隣のお宅にあった本だったのですが、とても印象に残っています。静かに優しく問いかけてくる本です。

現代の作家さんが作ったお話を絵本にしてあるのも好きですが、神話や昔話が絵本になっているのもよいですよね。作家さんのイメージによって、様々な形になって絵本になるお話たち。Qupid 今回、絵がとっても素敵だったので「キューピッドとプシケー」の絵本を購入しました。好きなページを広げて立てかけておくのもよいなぁ。。。

展覧会のハシゴって、内容がゴチャゴチャになったりして、結構疲れたりするものですが、全く趣の違う2つの展覧会だったので、それぞれに十分楽しむことができました。

「ぐりとぐら。。。」が8月20日まで、「世界の絵本。。。」が8月21日までです。お近くにお住まいの方は、行ってみる価値ありますよ♪

snow blossoms

|

« Lion King | トップページ | 流れゆく雲 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

さぞかし暑い中を、出かけていった甲斐がありましたね。

写真をアップにしてみては、私もしばし子供たちとの昔を思い出してたのしみました。
それぞれ一体何回読んだことでしょう。
夜、寝る前のお決まりの時間。
読んでる私のほうがついついウトウトしてしまって、ブーイングなんてこともしばしば・・・
いつの間にか内容を覚えてしまって、子供たちが私に読み聞かせてくれたことも。

末の息子なんか、大好きすぎて舐めてかじってしまった本もあったっけ・・・

みんなが大好きだったあの本たち。
屋根裏のロフトのダンボール箱の中に全部しまってあったとおもうんだけど・・・
さて、どうしたんでしたっけ。
引越しもいっぱいしたし・・・

いろいろ思い出しています。

投稿: ママ | 2006年8月15日 (火) 17時33分

>ママさん

この週末を過ぎて、明らかに空気が変わりました。
まだ暑さは残ってますが、以前の熱気のような空気ではなくなりました。
夜もだいぶ涼しくなりましたし。

「ぐりとぐら。。。」は大人も充分楽しめる内容でしたよ。
ちょっと、卵の殻の車に乗った写真を撮りたくなりましたし。。。(^^ゞ

今も、あの楽しさがどこかの家庭で続いているということに感謝ですね。

投稿: ゆきむし | 2006年8月16日 (水) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Lion King | トップページ | 流れゆく雲 »