« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月29日 (土)

富良野ドライブ②(つづき)

7月27日(木)の日記の続きです。

手作りジャム体験の後、富田ファームに行きました。

平日なので多少はすいているかなぁ。。。って思ってたんですが、それでも結構な人ごみ。そして、さすがニュースなどで「ラベンダーが見頃です」って紹介されていた次の日に行っただけあって、一面のラベンダー!!!Tomita1 ファーム内の空気も、ほのかにラベンダーの香りがして清々しい感じ♪Tomita21

今まで2回、夏の富良野には来ているのですが、どちらもちょっとラベンダーの時期を外していたので、改めて「オンシーズンのラベンダー」にビックリです。畑の真ん中に観光客用の通路が設けてあるのですが、離れた場所から他の人が歩いているのを見ると、通路が見えない分、ラベンダーに埋もれてるみたい。Tomita4_1

お土産に、ポプリになっているラベンダーの花束と、エッセンシャルオイル、寝る前に枕に吹きかけるリネンウォーター、そして、今の時期ならではのもの「生のラベンダーの花束」を買いました。Tomita31_1刈り取ったばかりの花を無造作にゴムで束ねて売っているんです。そして、お安い!片手で精一杯掴んだくらいの束で1束「150円」、3束買うと「400円」!当然、3束買いました(^^)v まだ、青々としている生の花束は、リビングのペチカの上ににぶら下げてあります。そばを通る時、ほのかにラベンダーの香りがします。リネンウォーターも、買った晩から大活躍です。優しい香りに包まれて眠るのは良い気分ですよ♪眠りも深いような気がします。

富田ファームの隣に、面白いところを見つけました。「とんぼ玉制作工房SORA」です。Sora1 突然ひょっこりと、古びたJRの車両が止まっていて、中はとんぼ玉の工房兼お店。 ピアスのように小さなものから、技の細かさにホ~っとため息が出てしまう大作のとんぼ玉まで、色々なものがありました。体験教室もしているみたいでした。 Sora2ちょっと時間がなかったので、今回はちょっと工房内を覗かせてもらうだけでしたが、今度行った時は、体験もしてみたいなぁ。。。

陽射しは強かったけど、車の窓を開けて走っていると風は気持ちよかったです(^^♪

また、どこかに行きたいなぁ。。。

snow blossoms

| | コメント (0)

2006年7月27日 (木)

富良野ドライブ①

今日は夏空。くま夫さんと一緒に富良野にドライブに行ってきました。色々見て回ってきたので、次回と2回に分けてご報告(^^♪

今回の目的地が富良野になった理由は、ラベンダーが見頃ということの他にもう一つ。くま夫さんが買っている雑誌「北海道ウォーカー」の少し前の号に、果物狩りの特集で富良野方面に面白そうなところを見つけたから。

今回お邪魔したのは「カントリーテラス コロポックル」。Farm6いくつかの畑の中に、色々なものを作る体験ができる施設が入ってます。

ここで、雑誌にも載っていたミックスジャム手作り体験をしてきました。Jam11

作るのは、イチゴとハスカップのジャム。ジャムがはねても汚れないように、エプロンを借りて準備万端。

まず、ステンレスのお鍋に去年採れた冷凍イチゴを入れ、弱火に。木ベラで焦がさないように、ずっと混ぜていないといけないのが、大事なポイントです。Jam81

イチゴの表面が溶け、果汁が出てきたら去年収穫して冷凍してあったハスカップを入れてさらに混ぜます。ずっと混ぜてると腕が疲れてくるので、二人で交代で一生懸命混ぜました。

ハスカップが溶けて、半分くらいまで果汁が出てきたらグラニュー糖投入。ここから、さらに焦げやすくなるので混ぜる役は責任重大。Jam14 この頃になると、お鍋からはホントに甘い香りがプンプンです♪

とろみが付く位に煮詰まったら完成(^o^)丿ボウルに移してからスプーンで少しずつすくって保存用のビンに。Jam15 二人で申し込んだので、ジャムは小さな小瓶2つ分。テラスの方が保存用に煮沸してくださったので、長期保存が可能になりました。

ビンに入りきらなかった分を、そのまま舐めてみましたけど、酸味がきいててあっさり目。クラッカーに乗せても美味(^^♪Jam16

煮沸してもらったジャムの瓶が冷えるまでの時間を利用して周りをプラプラ。

Blueberry1丁度、畑にいたおじさんに果樹畑を案内してもらって、実際にハスカップやブルーベリー、カシスがなっているところを見せてもらいました。

テラス内には、他にも羊放牧地がありました。

ちょうど何頭かが草をハミハミ。シャッターチャンスをねらったのですが、恥ずかしがりなのか近くには寄ってきてもらえませんでした。Farm1

プラプラ歩いて帰ってきたら丁度ジャムの瓶も冷えていて、テラスの方にお礼を行って次の目的地へ。

お次は。。。。そう。ラベンダーです♪(次回に続く)

snow blossoms

| | コメント (2)

2006年7月24日 (月)

B'z LIVE GYM 2006 "Monster's Garage"

昨日、23日日曜日にくま夫さんと一緒に「B'z LIVE GYM 2006 "Monster's Garage"」に行ってきました。Bz1

もともとB'zは、くま夫さんが好きなアーティストの一つ。家のCDラックには、彼らのアルバムがずらりと並んでいます。

そんな訳で今回、くま夫さんにお付き合い。

会場内は、やや年齢層が高め。。。って感じ。あと、男性の比率も高かったです。骨太な曲が多いからかな。

今回、新しいアルバムをひっさげてのツアーだったのですが、長く活動しているアーティストだからでしょうか、古い曲も半分くらい入っていたみたい。くま夫さんは、古い曲の演奏に大喜び。ノリノリで演奏を楽しんでました。そういうのを見てるだけでも楽しかったですけど、学生時代によく流れていた曲が何曲か演奏されたので、私も少し手を振り上げることができました(^^)

コンサート帰りには、札幌駅で軽くお酒。くま夫さんが以前に行ったことがあるお店で、お料理が美味しかったから。。。ってことで、博多料理の居酒屋さん。やっぱり、博多明太子は美味しかったです♪

ちょっとはしゃぎすぎたみたいで、今朝はネムネムでした。。。(^^ゞ

snow blossoms

| | コメント (4)

2006年7月23日 (日)

シルバークレイのお教室の日

22日の土曜日は、月に1回のrabico silver worksさんのシルバークレイのお教室の日でした。

今回、私は事前に習いたいこと(作りたいもの)がありました。それは、ルース(裸石)の留め方。天然石のビーズを扱っている内に、穴の開いてないルースでも可愛いのを見つけてワイヤーで巻き巻きしてみたりしてたんですが、せっかくならシルバークレイで石を留めたパーツを作ってみたくて(^o^)丿

前日に色々とデザイン案を描いておいて、お教室に行ってから、先生に「初めての制作で使いやすい石」を相談。さぁ、石が決まったら制作開始。

Cryso2_1 今回、習ったのは「ロイヤルシルバーレース」という、レースのように繊細な透かし模様が入ってる銀線(テープ?)を使った石の留め方。作り出したら欲張ってしまって、2つ制作してしまいました(^^ゞ

最初の画像は、留めている石はクリソプレーズです。Cryso3ちょっと、ニードルで模様を彫ってみました。石の色が柔らかいので、ちょっと繊細な感じにしてみました。 

次の画像は、留めている石はペリドットですPeri3_2。本当は最初、ブルームーンストーンのカボションを留めるはずだったんですが、焼成してみるとサイズが微妙に小さくて。。。石を留めるところに後ろからも光が入るように穴を開けていたので、サイズのぴったりなオーバルブリリアントカットのペリドットを入れてみました。レースが石にかかってる部分が、ちょっと多いかなぁ。。。っても思うけど、ペリドットの緑の色が強いのでレースがかかってる方が可愛いかなぁ。。。なんて。結果オーライ(*^^)vPeri1 おまけに、本当はこれは両サイドにフープが付いてて、当初はブレスレットのセンターに持ってくる予定だったんですが。。。焼成後に腕のラインに合せてウンウン曲げていたら、片方が折れてしまいました。。。(-_-;)折れたところを削ってペンダントトップに変更したんです。。。(^^ゞ

この留め方を覚えたおかげで、制作の幅がまた広がったかも(^^♪

くま夫さんは、家でリング部分を制作していった私のピンキーリングを完成。Pinky1センターに付ける葉っぱのパーツを作って、ピンキーリングだから、できるだけ細めにリング部分を研磨して。。。焼成した後は、希望のマットな感じに仕上げてもらいました。Pinky2 さっそく着けてみましたが、丁度、指にピッタリです♪なめらかな感じ。

早くも次回のお教室に向けて、ご飯の後にワインを飲みながら二人で制作。

くま夫さんとのコラボ作品がsnow blossomsに登場する日も、近いかも。

snow blossoms

| | コメント (4)

2006年7月18日 (火)

古代エジプト展

この3連休に、くま夫さんと一緒に「古代エジプト展」を見てきました。

Egypt1 連休中だし、混んでいるかなぁ。。。って思っていたのですが、連休最終日の日曜の午後だったせいか、人の山の隙間から展示物を見る。。。ということもなく、それなりに落ち着いてゆっくりと見て回ることができました。

今回の展示物の目玉として紹介されていたのは「小さな男の子のミイラ」だったのですが、それよりも古代の人が制作した様々な装飾品の方が見ていて面白かったです。

ほんとに小さな小さな神様をかたどったブロンズ像でも細かな模様が施されていて、何千年も昔の人の信仰心と、それを表現することができた技術力の高さに感心してしまいました。

数は少なかったですが宝飾品の展示もありました。当時は永遠に輝きを失わないということで「金」が用いられていていたのですが、「豪華」というよりは「素朴」な感じがして、時代を感じてしまいました。

出口のところのミュージアムショップで、くま夫さんは今後のシルバークレイのデザインに使えそうかなぁって、ヒエログリフの本を購入。Egypt2 この本の他に、本当に参考書のようなものもあったのですが、読んでも楽しい本ということでこの絵本にしました。

二人とも、創作意欲を刺激されて帰宅。

こういう週末もよいものですね。

snow blossoms

| | コメント (4)

2006年7月14日 (金)

初めての夏(暑さ到来)

北海道で迎える最初の夏です。

昨日くらいから、本格的に暑さ到来(>_<)

やっぱり暑くなるんですね。北海道も。。。天気予報で見ると、昨日の札幌の最高気温は29℃。本州と同じ、ねっとりした暑さがやってきました。

昨日は、夕方頃に少し雨が降ったので空気が涼しくなったのですが、今日はその分湿気がある暑さになってます。

昨日は、今年初めて寝室の窓を開けて寝ました。今日も朝から家中の窓を全開です。まだ扇風機を出していないのですが、この週末からは活躍しそう。

クーラーのない夏なんて何年ぶりかなぁ。。。

午後から少し風が出てきました。これで少し涼しくなってくれるとよいのだけど。。。

snow blossoms

| | コメント (6)

2006年7月11日 (火)

札幌芸術の森アートマーケット2006

7月8日(土)に「札幌芸術の森アートマーケット2006」に出展してきました。

前日までお天気がぐずついていたので心配だったのですが、当日は朝は少し雲が残っていましたけど、ぐんぐん晴れて、夏の日差しの中での出展になりました。

Geimori151_1初の野外出展ということで、忘れてならないのが「日焼け対策」。魔女のようなツバの広い帽子に、紫外線カット率99%ってうたい文句の大きなパーカーを着込んで準備万端。ちょっと「あーてぃすと」っぽい格好からは程遠いですけど。。。(^^ゞ

「市民アーティスト集まれ!」っていうだけあって、出展ジャンルは幅広かったです。美術系の学生さんの集まりっぽい感じのブースで絵葉書を出展してるかと思えば、年配のご夫婦が自作の「竹とんぼ」を出展していたり。。。って感じです。Geimori12_1

くま夫さんと交代で会場内をプラプラしたのですが、他の出展者の方のブースを覗くのも楽しかったです。工夫を凝らしたディスプレイ方法とか参考になりましたし。

今回も、色々な方とお話することができました。購入に関係なく、色々なお話ができるのって、「これから」につながるから大切ですね。お客様は、やはり芸術の森の中の会場ということもあって、芸術の森に遊びに来たので立ち寄ってみようかなぁって来て下ってる感じの方が多かったです。

くま夫さんの学生時代のお友達がご家族で、職場の方が新婚の奥様を連れて遊びに来てくださいました。知り合いの方が訪ねてきてくださるのって、嬉しいですね♪暑いところ、本当にありがとうございましたm(__)m

Geimori171 お昼前後は陽射しも強く、「夏だ~」って感じでしたが、時折吹く風が心地よい冷たさでした。やはり、北海道。緑に囲まれての出展っていうのもよいもんだなぁ。

万全の日焼け対策のはずでしたが、ほんの少し首元があいていたところを、しっかりと日焼けしてしまいました(-_-;)くま夫さんは、陽射し対策でタオルを頭に巻いていただけだったので日焼けで真っ赤。「ヒリヒリする~」って帰宅中の車の中で言ってました。腕時計の跡もくっきり(>_<)

さぁ、来月は「ART Bang!-Key」夏ならではの出展が続きます(^^♪

snow blossoms

| | コメント (2)

2006年7月 4日 (火)

ひょろひょろタンポポ

今まで、タンポポって春に咲く花だって思ってました。

でも、北海道では違います。陽射しが強くなって「いよいよ夏だなぁ」って思う、今、あちこちで咲き誇ってます。

でも、ちょっと違うんです。。。こんなタンポポ見たことありますか?Hyoro2

ひょろひょろタンポポ。長い花では全長30cmくらいかなぁ。

Hyoro1こんなのがあちこちで沢山咲いてます。いつかの春の土手のように。近くで見ると、見慣れたタンポポと違うのところは、茎がとても長いところだけ。花の形なんかは、まさにタンポポ。

タンポポっていうと、地面の近くで一生懸命鮮やかな花を元気いっぱい咲かせているイメージがあるのですが、このタンポポは少々頼りなげ。でも、風に吹かれて一斉に揺れているところは、ボンボンが揺れているみたい。

ネットで検索してみたのだけど、「セイヨウタンポポ」でも「カントウタンポポ」でもないみたい。不思議。Hyoro3

snow blossoms

| | コメント (4)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »